故障したときの対処法|画面にヒビが入ったらiphoneパネル修理に出そう

画面にヒビが入ったらiphoneパネル修理に出そう

故障したときの対処法

女性

修理を依頼しない方法

iPhoneが故障したときは、通常Appleまたは、Apple認定の正規プロバイダーに修理を依頼します。この他にも、iPhoneの修理業者に頼む方法もあります。しかし、これ以外にも方法があるのです。それは自分で修理をする方法です。インターネットでiPhoneのパーツを購入し、自分で修理を行います。インターネット上では、iPhoneのパーツをはじめ修理用の専用の工具も販売されています。主にできる修理は、フロントガラスの修理、バッテリーの交換、バックプレートの修理、ホームボタンの修理です。自分で修理をするときに注意することは、まず分解したパーツをなくさないことです。専用のトレイなどを用意しておくと便利です。そして、どのパーツがどこに付いていたかわかるように、分解したパーツやネジなどを配置しておくことです。iPhoneを分解して、パーツを交換し、再び組み上げるにはパーツの管理が重要です。

費用をおさえられる

iPhoneを自分で修理する人は多くいます。その理由は、修理に出す場合よりも費用を抑えることができ、時間がかからないことにあります。修理に必要なパーツと工具を購入しても、Apple、正規プロバイダー、修理業者頼んだ場合と比べても、iPhoneを自分で修理をした方が費用は安くすみます。Appleなどに修理を頼む場合、修理の申し込みをして、iPhoneを郵送し、修理が行われ、再び自分の手に帰ってきます。この間の一連の流れを自分で修理をする場合は省くことができます。このため、修理にかかる時間もかかりません。修理の手順についても、修理キットの販売業者のサイト上で動画で詳しく紹介されています。動画サイトなどにも実際に修理を自分でした方の動画がアップロードされているので、参考にすることができます。また、忙しい方は自分で修理をする時間が取れないこともあるでしょう。その場合は、修理業者に依頼しておきましょう。修理依頼はiPhoneの販売や修理を行っているアップルストアにするのもいいですが、価格を抑えたい場合は携帯修理の専門店にお願いするのもおすすめです。